【コンパクト・極上キータッチ電子ピアノ】 KORG,D1レビュー

3 min
ヒゲマメ

ヒゲマメ

楽器メーカー会社員で、DTM10年・楽曲制作・DJ活動をやっているヒゲマメです。当サイトは電子楽器・音楽制作情報を主軸に+αでガジェットを紹介しています。

FOLLOW

楽器メーカー会社員のヒゲマメです。

僕は社会人になってからピアノを始めました。

レッスンを受けているのですが家でもしっかり練習するための電子ピアノを買うことにしました。

ヒゲマメ

ヒゲマメ

大きすぎ&高すぎるピアノは買えないけど、88鍵&キータッチが良いピアノが欲しいな~

そんなニーズを満たしてくれる電子ピアノは「KORG , D1」だけだ!と判断して購入しました。

選んだ理由、実際に使用した感想を紹介していきます!

こんな人にオススメ
  • コンパクトな電子ピアノが欲しい。
  • 5万円程度で探している。
  • キータッチが良い鍵盤で練習したい。

サイズ~88鍵盤なのにコンパクト~

寸法
  • W1327 x D263 x H128 mm 譜面立てなし
  • W1327 x D375 x H328 mm 譜面立てあり
ヒゲマメ

ヒゲマメ

ほぼ鍵盤といった構成で最小限に抑えられている点が優れていますよね!

サイズだけを考慮すると他にも候補はありました。

YAMAHA , P-45 B
⇒W1326 × D295 × H154 mm

Roland , GO PIANO88
⇒W1283 × D291 × H87 mm

Roland(ローランド)
¥26,900 (2022/09/27 09:44:23時点 Amazon調べ-詳細)

でも、D1は他の競合に対して圧倒的な差をつけるメリットがあります。

それはKORG最上級の鍵盤RH3を使用していること。

鍵盤はKORG最上級の『RH3』

先述した他候補はエントリーモデルクラスの鍵盤を使用しているのに対して、D1は最上位クラスの機種KRONOSやGrandStageと同じ鍵盤です。

この価格帯でメーカー最上級クラスの鍵盤を搭載している機種は見つかりませんでした。

キータッチの良さに対するコスパは抜群だと言えます!

RH3の説明文を引用すると

低音部では重く、高音部ほど軽くなるグランド・ピアノのタッチを再現したリアル・ウェイテッド・ハンマー・アクション3(RH3)鍵盤を採用。鍵盤の自然な重さが感じられる、いつまでも弾いていたくなるタッチを実現しています。

KORG HPより引用

ピアノはキータッチが命とも言われますよね。

ヒゲマメ

ヒゲマメ

チープな鍵盤で練習していると慣れて変な癖がついてしまいそうですが、この鍵盤なら変な癖がつくことも避けれそう。

カラーバリエーションは黒・白

黒・白のカラーバリエーションがあります。

インテリアの雰囲気に合わせて選べるので嬉しいですね。

存在感が結構あるので、白でもよかったかも。

ヒゲマメ

ヒゲマメ

僕は白があることに気づかず黒を買ってしまったw

実際に使用した感想

キータッチはやっぱり最高

鍵盤にしっかり重さがあり、押しこんでいくとハンマーの動作を感じます。

ガタツキや荷重・動作に違和感のあるバラツキを感じない精巧な作りです。

D1で練習するようになってから今まで気づけなかったスタジオの電子ピアノ・他製品のチープさが気になってしまうようになりました。笑

ヒゲマメ

ヒゲマメ

流石、最上級鍵盤らしさを感じるクオリティでした。

演奏していて気持ち良い!!

音色について

10種類のバンクに各3種類の音色 計30音色あります。

  • PIANO1
  • PIANO2
  • E.PIANO1
  • E.PIANO2
  • HARPSI/CLAV
  • VIBES/GUITAR
  • ORGAN1
  • ORGAN2
  • STRINGS
  • CHOIR

僕はPIANO1,2の6音色しか使いませんが、飽きたら音色が変えられるのも電子ピアノのいいところですよね。

スタンド&椅子が必要

ダンパーペダルは付属していますが、スタンド・椅子は別で購入が必要です。

スタンドは純正品だと一部のKORG製品しかのらないので、違う製品への買い替えも考慮して汎用品にしました。

ゴム足が載らない幅で若干ミスった感あります。

製品底面がスタンドに触れる形で対処できたのでまあ良しとしました。

椅子も汎用品で、純正より安くてレビュー評価が高かったこれ。

これは値段以上の高級感あるものでした。ガタツキなくしっかりしてます。

すっきりとしたデザインが好みの場合は無難に純正品でも良いかも。

MIDI端子がついている

MIDIとは演奏情報送信用の規格です。

MIDI端子がついているのでDTM(パソコンでの音楽制作)で使ったり、外部音源を鳴らしたりできますね!

遅延も全然分からない程度でした。

今は多くの高品質な音源アプリがでているので、搭載音源に飽きた・原曲そっくりの音源で練習したい場合に重宝しそうです。

Bluetooth送受信機を使えばiphoneアプリで音を出すこともできます。

ほこりがたまるのでキーカバーが必要

むき出しだとホコリが溜まり、手に触れるので気になります…

フェルト製のキーカーバーを買いました。数百円なのに高そうな感じで結構気に入っています。

最後に

自宅での練習用に購入したKORGのD1

D1が良かったところ
  • 奥行き寸法がコンパクトでスタイリッシュ
  • キータッチが上質
  • MIDI端子があるので拡張性も十分。

僕のようなピアノ初心者の方にはとてもオススメですね~

良い鍵盤で練習するに越したことはないです!

ヒゲマメ

ヒゲマメ

これでがんがんピアノ練習するぞ~!

以上、KORG , D1の紹介でした!

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。